履歴書を書くとき、主婦に多い志望動機とは

履歴書を書くとき、主婦に多い志望動機とは

スポンサードリンク

「子育てがひと段落したので」

 

「残業が無く、空いている時間を活用できるため」

 

「子育てと両立できそうだと思ったので」

 

専業主婦が書いてしまいがちな志望動機です。
これでは、採用担当者の印象に残る事はできません。
志望動機を書く時のポイントは3つ。

 

「意欲アピール」「スキルアピール」「柔軟性アピール」

 

採用担当者は、「なぜ志望しましたか?」の答えが知りたいのではなく
志望する意気込みと、何ができるのか?という点が知りたいのです。

 

「子育てがひと段落し、社会に出たいという気持ちになりました。
○○にて、接客を担当していた経験を御社にて貢献できると思います」
と書くだけで、ぐっと注目度が上がります。

 

採用担当者は、子育てをしているという情報から、
どれだけ柔軟に時間の融通が付けられるかも注目します。

 

志望動機に「子供は保育園に預ける事ができますので、○時まで勤務可能です」
もしくは「子供は小学生と中学生なので、残業にも対応できます」など
ポジティブに書き添えるのがポイントです。

 

○時までの勤務しかできませんと書くよりも、
○時までできますと書いた方が相手に与える印象はガラリと良くなります。
事実と異なる事を書いたり、大げさに書いては採用後自分が苦しむことになります。
履歴書には、事実を明確に書きましょう。

 

「なぜ応募したのか」だけじゃもったいない。
志望動機はまさしく「私は意欲があります!こんな事ができます。柔軟に対応できます」
というアピールの場なのです。
上手にアピールして目を引く履歴書を作りましょう。

履歴書を書くとき、主婦に多い志望動機とはについての情報

スポンサードリンク