主婦に聞く、再就職への不安について

主婦に聞く、再就職への不安について

スポンサードリンク

専業主婦は、自己評価が低い方が多いようです。
主婦のAさんは、20代半ばまで大手デパート衣料品売り場の接客を担当していました。
現在子育てがひと段落し、再就職を考えていますが不安がこみ上げて来て
具体的な活動ができずにいます。

 

もう一度社会に出て活躍できる自信が持てず不安ばかりが湧き起こります。

 

家事の世界に浸かってしまった自分が、
目まぐるしく動く社会の流れについて行けるのだろうか。
人間関係はうまくできるのだろうか。
世間ずれしてしまっているのではないだろうか。

 

考えれば考えるほど、
自分が持つキャリアや資格は古びて使い物にならない気がしてしまいます。

 

高学歴やキャリアウーマンだった人ほど、
現在の自分に自信がなく復職に自信が持てずにいます。
それはなぜなのでしょうか?

 

昔のように活躍しなければと自らハードルを上げてしまい
そんな活躍はできないに違いないと妄想で自信を失うのです。

 

この自信を喪失した状態が、専業主婦が再就職する時に抱く不安の原因です。
でも、自己評価を下げていては再就職の道は開けません。

 

昔取った杵柄。
経験に勝る宝なし。
自分が今まで経験してきた事全ては、今の自分を作る糧になっています。

 

社会で働く勘は、仕事を始めてから蘇るもの。
活躍しなくてはならないと自らハードルを上げるのではなく、
まずは仕事を覚えて即戦力になれる事を目標として設定するといいでしょう。

 

専業主婦だった期間に取得した忍耐力や寛大さ、
コミュニケーション能力は若い頃持ち得なかったものばかり。
人間関係で悩んだり、忍耐力の無さで退職した人が、
再就職で成功するケースは少なくありません。

 

専業主婦の期間に劣等感を持つのではなく、
貴重な体験をした期間だと考えをシフトしてみましょう。
若い子よりも経験豊富で社会性があると自信がみなぎって来ませんか?
不安を払拭して自信に変える事が、再就職への鍵となります。

主婦に聞く、再就職への不安についてについての情報

スポンサードリンク