ブランクありの専業主婦が再就職する方法について

ブランクありの専業主婦が再就職する方法について

スポンサードリンク

ある日、ランチ会でママ友が「また働きだすことにしたの。」と報告してくれました。

 

なるほど、彼女は中学生の子供が2人と小学生の子供が1人のいわば「子育てひと段落」な専業主婦。
加えて、元アパレル業界に長く務めていたとあっておしゃれのセンスがあり、すぐにでも現場に立てそうなほどブランクを感じさせないオーラがあります。

 

自分はどうだろうとふと考えてみると、子供はまだ小さく、手がかかる。
そして元働いていた職種は専門的すぎて家事との両立は難しい。

 

専業主婦が再就職したいと願った時、
「子供の年齢」「キャリア」「スキル」「可能な就労時間」「現在の年齢」などの要因によって、就活の方法も違えば働く場所も違ってきます。

 

自分にあった就職活動を経て、無理のない仕事を探せます。
そこで、専業主婦が再就職する手順を考えてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

通勤か在宅か

子供を預けて働きに出られるのか、それとも在宅で働くのか。
ここで大きな違いが出てきます。

 

子供を預けると選択した人は、預け先の確保が必要だし、
在宅の人は落ち着いて作業できる時間の確保が必要になります。

 

自分のライフスタイルと仕事をどう融合させるかをよく考える事が長続きの鍵になります。

何ができるのか

資格を有するような専門職に復帰したい場合は、
技術と知識が劣化していると再就職はできません。

 

本を読み返し最新の情報を入手して、
「現役で働けます」と即戦力をアピールできる状態にしておく必要になります。

 

新しいジャンルに挑戦する形で再就職する場合は、
自分に何ができるのかを再確認する必要があります。

 

PC操作はどこまでできるのか、文章を書くことができるのか。
接客に必要なコミュニケーション能力があるのか。

 

自分を選んでもらう為の「何か」を持っているかを再確認し、
自己アピールできるようまとめておくとよいでしょう。

一番大切な事

専業主婦が再就職する際、一番大切な事は「家族との話し合い」ではないでしょうか。
今まですべての家事を取り仕切っていた生活から、
ある程度の割合を違う仕事に従事するわけですから家族に負担がかかるのは必須。

 

まずは家族の理解を得る事が大切になってきます。
なぜ働く必要があるのか、お金は何の為に必要なのか。

 

再就職したい理由をしっかりと家族に理解してもらえると、
後に仕事で大変時に協力してもらえるし、応援してもらえる事になります。

 

また、自分が面接を受ける際にしっかりとした目的と意思を提示できます。
専業主婦がブランクを経て再就職する方法の基本の「き」は、
家族の理解と応援だと言いきって過言ではないでしょう。

 

その上で、職種や雇用形態や勤務時間を考え始めて再就職の準備スタートとなります。
ママ友の再就職で焦りを感じ、やみくもに職探しを始めては成功できません。
人それぞれ家庭環境に違いがあり、スキルもキャリアも異なります。

 

自分は自分らしく、冷静に手順を追って就職活動を行う事が再就職の近道なのです。

ブランクありの専業主婦が再就職する方法についてについての情報

スポンサードリンク