主婦の再就職で、Toeicは有利か?

主婦の再就職で、Toeicは有利か?

スポンサードリンク

TOEICは、英語のコミュニケーション能力を評価する世界共通のテストです。
英検のような合否ではなく、獲得点数のスコアで評価されます。

 

履歴書に書く場合は、「TOEIC○○点」という表記になります。
一般的に外資系企業や通訳といった英語を必要とする職種にTOEICは必須となり、
スコアも800点以上でないと書く意味がないとも言われています。

 

専業主婦が再就職を考えた時、英語を必須とする職種ではない限り、
TOEICが採用の決め手になる事はありませんが、書いて損は無いアピールポイントです。

 

英語と全く関係ないと思われる職業でも、
外国人のお客様が来るような場面が少なからずある職場かもしれないのです。

 

資格を持っていると、給料が上がったり採用の時に有利になったりとメリットがたくさんあります。
だからといって、かつて学生だった頃に取得した英検3級や珠算1級は、書いてもいい資格なのだろうか。
書くことで逆に恥をかくのではないかしら。
そんな事を悩んだ経験がある人も多いはず。

 

TOEICも同様で、低スコアを書いたら逆に恥ずかしい事になるかもしれません。
でも、何もないより何かがあるほうがいいのが履歴書。

 

そこで、TOEICは持っているけれど書くほどのスコアではないという人は
「現在TOEIC勉強中」と書くだけで印象がぐっと良くなります。

 

専業主婦の間、自己啓発のために勉強していましたというアピールにもなりますし、
英語がちょっとできますという印象も与えます。

 

何人も応募があるような人気の職場に履歴書を送る場合、キラリと目立つ何かが必要です。
一見関係のない職種でも、何かの縁や繋がりで「TOEIC」が採用担当者の目に留まるかもしれません。
TOEICは、書き方を工夫してアピールできる便利な資格といえますね。

主婦の再就職で、Toeicは有利か?についての情報

スポンサードリンク