金融機関の経験者は再就職に有利?

金融機関の経験者は再就職に有利?

スポンサードリンク

「金融機関に勤めていた職歴があります。」
このフレーズで「信用できる人物」だという好印象を与える事ができます。
再就職のライバルから一歩も二歩もリードできたも同然。

 

まず、ワード・エクセルができるのは当たり前という印象を与えます。
パソコンを使った業務が多い金融機関。
「ちょっと出来る」を超えた、「使いこなせるレベル」と暗黙でアピールできるのです。

 

金融機関は定期的な社内研修を行ったり、資格を取得させたりと、
社員教育を徹底しているので社会性の高い人材が多いという印象を持たれます。

 

金融業と全く関係のない職種に再就職する際でも、
職歴は優遇されるポイントになります。
履歴書に書く場合は、
金融業だけではなくどのような業務を担っていたのかもしっかりと明記しましょう。

 

元の鞘に戻って、再び金融機関に再就職を考えた際も、
持っている金融関係のスキルや経験を活かして働くことができるので、
未経験者に比べて就職率が高いでしょう。
金融機関経験者のみ応募可能としている所も多く、経験者が優遇されます。

 

ただし、離職していた期間が長ければ長いほどシステムや伝票処理の違いに悩む事も。
新卒以外は即戦力を求められる世界なので、
経験者であることのプレッシャーは相当なもの。
基本的な事は理解済みと判断されるので、努力と慣れが必要とされます。

 

とはいえ、経験は何にも代えがたい貴重な宝。
最大限に活かして再就職したいものです。
元の鞘に戻って再就職する場合も、そうでない場合も金融業という職歴は
再就職の大きな強みとなるでしょう。

金融機関の経験者は再就職に有利?についての情報

スポンサードリンク