理学療法士資格所持の専業主婦は再就職に有利?

理学療法士資格所持の専業主婦は再就職に有利?

スポンサードリンク

理学療法士の資格は国家資格なので、
ブランクが空いたからと言って消失するものではありません。

 

再就職する時に重要なのは、
理学療法士として就職していた期間がどれくらいだったのかという経験年数と、
ブランクが空いた年数です。

 

理学療法士は、看護師に次いで求人募集の多い職種です。
なかでも、実務経験者が優遇されるケースが多く、
再就職としては大変有利な資格といえます。

 

採用される可能性が高く、
かつ就職後スムーズに働けるのは元働いていた職種に戻ること。
たとえば、理学療法士が働く現場は次のような場所です。

 

*病院 (急性期病院・回復期病院・維持期病院など)
*介護老人保健施設
*指定介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
*訪問看護ステーション
*その他

 

現場の大分類だけではなく、対象者によっても経験の質は違います。

 

*高齢者
*成人
*小児

 

たとえば、高齢者を対象とした病院でリハビリ業務を行っていた人が、
小児を対象とした療育施設の理学療法士に応募した場合は全くの畑違いになります。

 

理学療法士の基礎知識は同じでも、
専門分野の技術や実務内容は異なるので、
実質新しい分野では未経験者と同じになってしまうのです。

 

数年前までは、理学療法士の数が少なく就職率は100%と言われていました。
しかし、養成学校の増加や合格率の上昇などから、
毎年次々と新卒が排出されています。

 

最近は、より臨床に力を入れた教育がされているので
チーム医療の現場で即戦力となる若者が増えています。

 

しかし、理学療法士が臨床の現場に出ると教科書に載っていない知識を多く必要とされます。

 

そこで優遇されるのは、経験者となるのです。
病院での実務経験がある人は、病院へ。
施設での実務経験がある人は、施設へと応募すると、
実務経験が加味され採用の可能性が広がります。

 

いずれにしても、理学療法士は大変ニーズが高いので、
再就職の際は持っていると大変有利な資格と言えます。
うまく利用して、実務経験を活かした再就職をするといいでしょう。

理学療法士資格所持の専業主婦は再就職に有利?についての情報

スポンサードリンク