専業主婦が正社員になるためには

専業主婦が正社員になるためには

スポンサードリンク

専業主婦が正社員として再就職したいと考えた時、
必ず確認しなくてはいけない事があります。

 

それは、パートやアルバイトで扶養の範囲内で働く方が得なのか
それとも、正社員で働いた方が得なのかと言う事です。

 

ここでいう扶養は2種類あるのをご存じでしょうか?
健康保険上の扶養と税金上の扶養という2種類があります。

 

健康保険上の扶養は、向こう1年間で130万円未満の収入で扶養に入ることができ、
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要です。

 

130万円以上の収入を得ると、
健康保険の扶養を外れ保険料や年金の支払いをしなくてはならなくなるので、
130万円未満で働いていた時より大幅な収入を得なくては、
扶養を外れるメリットがありません。

 

またご主人の会社で家族手当や扶養手当が支給されている場合、
正社員になって130万円以上の収入を得た場合はこの手当がなくなるのも忘れずに。

 

正社員になりたいと思った場合、こうした収入額と支払額を計算して
損をしない雇用形態かどうかを確認する必要があります。

 

正社員のメリットは、厚生年金や社会保険を会社が半分程度負担してくれる事。
月給の高さや、ボーナスの支給。
住宅手当、家族手当など各種手当の充実。

 

ローンを組む場合の社会的信用。
有給休暇や産休、育児休暇の充実。
そして何より、安定して働けること。

 

働き損にならないか、そして正社員のメリットは自分に合っているかを確認して、
正社員で働くメリットが大きいと再確認してから、
正社員雇用をしてくれる会社を探すことを始めましょう。

 

正社員になるためには、このシステムを十分理解しておく必要があります。
なぜなら、面接で必ず「どうして正社員になりたいのですか?」と聞かれるからです。

 

採用担当者は、
扶養範囲内で働く事と正社員で働くことの違いを理解しているかという事と、
正社員の責任の重さを理解しているかを確認します。

 

面接で、扶養の範囲で働く以上に正社員に魅力がある事を伝え。
正社員として責任ある仕事をしたいという意志を伝えると誠意が伝わり
採用の可能性が広がります。

専業主婦が正社員になるためにはについての情報

スポンサードリンク